夏が終わりますね – 博論進捗

もう夏も終わりですね。9月になってしまいました。

博士課程もいよいよ終わりが近づいており、今年の夏はひたすら博士論文の執筆、データの処理に追われた夏でした。

計算機科学特有のものかはわかりませんが、博士課程の進捗報告はなかなか難しいものがあります。「今何をしている」というのは簡単なのですが、じゃあそれが本当に正しい方向性で、確実にうまくいくのか、またはそれ以外になにをしないといけないのかがものすごく不透明な中ひたすら進まねばなりません。なので「どのくらい終わったのか」というのを予測するのは本当に難しいです。コードのデバッグをしている時なんて最悪です、下手したら1週間かけてやったその工程を1からやり直すことになったりします。そういった側面もあり、なかなか博士課程のことをブログにかけなかった気がします。

2021年は1月から3月くらいまでは必死に開発と博論執筆と実験をジャグリングして、5月くらいにようやく最後の実験がまとまり、博論執筆に専念できるところまでこぎつけました。

「これであとは書くだけだね」という言葉を聞けたときの安堵感はなかなかでした。(次週に「やっぱりこれをこうして…」と修正が入り「これであとは書くだけだね」(二度目)となった流れはご愛嬌ということで)

夏は若干オフィスに向かう頻度を増やし、今ではほぼ毎日お弁当を持って通っています。
リモートでの作業も良いのですが、寝室で作業をすることで気持ちの切り替えに問題がでたり、自宅の家事のことが気になってしまうことなどが問題になります。

今も自宅で作業することはありますが、オフィスとの行き来の間にできる時間で考えがまとまったりすることもあり、今後もオフィスでの作業を続けることとなりそうです。

最終的にもともと今年の2月末だった提出期限は、5月、8月、と伸び、最終的には10月末になりました。博士課程を始めてから4年半が経ちましたが、あっという間にこんなところまできてしまった、という気持ちです。

残り2ヶ月、気を引き締めて頑張っていきます。

博論の進捗をこっそり公開しています。興味のある人は是非: https://ry6.host.cs.st-andrews.ac.uk/thesis_stats/

COVID-19 ワクチン2回目接種しました

先週末土曜日の夕方、2回目のCOVID-19ワクチン、Pfizer/BioNTech Comirnaty を接種してきました。

スコットランドでは今のところ8週間間隔でCOVID-19ワクチンの接種が進められています。
6月中旬の一度目から2ヶ月明けた8月14日にこの街の病院で受けてきました。

二度目の副反応が大きいと言う話を聞いて身構えていったものの、ほぼなんの反応もなく数日が経過しました。

打った直後から寝る直前の数時間まではなんの痛みも感覚もなく、寝る頃になってようやく少し筋肉痛っぽい反応がありました。
二日目の朝はそれなりにじんわりと筋肉痛っぽい痛みがあったのですが、腕は全然問題なくあがるし、特に辛い感じはありませんでした。
強いて言えば普段一切昼寝などしないのに、夕方4時ごろにコーヒーを飲んでゆっくりしていたら5時頃になって一気に眠気が来て1時間くらい寝ちゃったことくらいです。
三日目の朝はもう腕立てもできるくらいで、普通に日常生活に戻っていました。

今回も前回と同じくワクチンの記録をワクチン手帳につけてもらいました。

これからも油断することなくマスクなどの感染対策を続けていきます、いち早くこの状況が収まると良いのですが…

COVID-19 ワクチン第一回目の接種が終わりました

今週くらいからスコットランドではCOVID-19のワクチン接種が始まっています。早速受けてきたのでちょっと記録程度に書いておきます。

NHS Scotlandでは5月の末から6月の頭にかけて18歳から29歳はワクチン接種登録期間が用意されていました。他の年代では僕の知る限りではGPに登録されてる情報をもとにワクチン接種の時間帯・場所の連絡が来る仕組みでした。推測ですが、おそらく学生が多いのでGPに登録されていなかったり、情報が古かったりすることが多いと予測したのかもしれません。実際僕の知っている人でもこれをきっかけに実はGPに登録されていなかったりしたことに気付いた人もいました。

僕の場合は5月末にさくっと予約をし、その日のうちか次の日あたりにGPに登録されてる情報と付き合わせて、合致してることが通知されました。しばらく何も音沙汰がないなぁと思っていると6月の2週目の半ばには1週間半後に街の病院でワクチン接種できるとメールで知らされました。どうやら人によっては離れた町に案内されることもあるようなのですが、僕は無事徒歩圏内で済みました。一応仕組みとして予約変更ができるようになっていて、そこで場所の変更もできるようになっています。

当日は受付に行って名前を名乗ります。マスクを不織布式のものを渡され、変えるように指示があるので、その通りにし、予約の確認が出来次第、待合室に向かいます。椅子がずらっと1m~2mくらいの感覚でおいてあり、係員が適宜椅子の表面の清掃をしていました。少し待つと、大きな診察室のようなところに通され、椅子に座って問診が始まります。症状の有無や過去の感染の有無、アレルギーの有無などを一通り聞かれます。iPadでフォームを担当者が一通り入力した後腕を出すように言われ、さっと注射を打ち、終わりです。今回はPfizer/BioNTech の Comirnaty でした。もうちょっと年齢が上の方たちはAstraZeneca のワクチンを打っているようで、ワクチン名で待合室では呼び出してました。

ドイツに住んでいた頃、小児科で渡されたWHOのワクチン手帳があったので、出してみると快く記入してもらえたので記録が手元に纏まって残りました。バッチ番号もちゃんと記入があります。

打った直後は10分間経過観察用の待合室で待つように指示があり(誰も確認はしていなかったので自己申告)水が欲しければもらえます。自分は事前に水筒を持っていったのでそれを飲んでいました。特に何もなかったので、そこから帰宅し夕飯を食べました。全く痛くも痒くもない感じです。そこから数時間後、23時ごろになってようやく若干腕に少し痛みが出始めましたが、大したことはないです。筋肉痛、という感じです。

現在NHS Scotlandでは8週間後を目安に2回目の接種を進めているようで、おそらく6週間後ぐらいに2回目の連絡が来るとのことです。早いところ2回目も打って免疫を強化したいところです。

6ヶ月ぶりのオフィス復帰

今週は、なんと久しぶりにオフィスに入ることができました。

12月にCOVID-19のイギリス変異株が急激に広まってから、計算機科学科を含め、多くの大学の建物が閉鎖に追い込まれました。クリスマスに家族が集まるのを許すという段階で嫌な予感がしていたので、最後にオフィスを出てきた日、『次はいつ戻れるのかわからないな』と思っていたら、あっという間に6ヶ月も経ってしまいました。

7日の終わりに突然メールでカードアクセスが可能になったという知らせが来たので月曜、火曜と午前中だけですが、オフィスで作業してきました。寝室のデスクで作業していたのに比べ、やっぱりオフィス作業は捗る気がします。家を出て、作業場に向かうという行動も理由の一つかもしれませんが、作業するために整っている環境なのは大きいと思います。

オフィスに入ると、先月にあった建物のメンテナンスの跡形が残っていました。大学の管理部が入ってきて乱雑に液晶などを動かしたままにされていました。[1] … Continue reading。(本当に嫌い)一通り片付け、リモートで再起動できないマシンのアップデートをして、作業にとりかかりました。久々に大きな画面で作業できたのでよかったです。

久々に自転車にも乗れたのですが、体力と筋肉の衰えを感じたので今後も週2・3日はオフィスに行こうと思います。

皆さんの作業環境はどうですか?オフィスで作業してますか?自宅のみですか?

そして作業場は自宅が一番ですか?オフィスに毎日行くのが良いですか?僕は3/2くらいでオフィス・自宅作業したいと思ってます。ぜひお聞かせください。

注釈

注釈
1 去年もありましたが、この大学の設備管理部、学科にまともな猶予も与えずに建物全体の電源を落とす必要があるような作業を計画して、さらにギリギリまで連絡してこないのです。ただでさえストレスの多い状況でこういうことを普通にしてくるのは信じられないです。

1年ちょっとを振り返る

Looking out

イギリスがこのCOVID-19パンデミックによるロックダウンに入って1年と1ヶ月ほどが経ちました。ずいぶんと長いようでもあり、短いようにも感じる変な期間だったと思います。

今回はこの1年と1ヶ月を振り返ってみたいと思います。

続きを読む “1年ちょっとを振り返る”

ラーメントッピング凝り性

このCOVID-19の流行が始まってから早いものでもう1年近く経ちます。最後に僕が日本に帰ることができたのも1年以上前になってしまい、色々と日本が恋しくなることがあります。時折両親が乾き物の食材やお菓子などを送ってくれている[1]比較的軽くて小さい小包だと輸送量もそんなに高くないらしい のですが、乾麺やインスタントラーメン(袋タイプ)はその中でも普段の食事に直接貢献してくれているものの一つです。

日本にいれば特段気兼ねなく開けてサクッと適当に、特にトッピングもなしに食べてしまうこともあると思うのですが、なんせスコットランドの片田舎にいるのでついつい「もったいない」と思ってしまい、トッピングにも少し力が入ってしまいます。先日Youtubeで見かけた日本のラーメン屋のチャーシュー風のレシピ動画を見て、今度はチャーシュー作りに挑戦しました。

続きを読む “ラーメントッピング凝り性”

注釈

注釈
1 比較的軽くて小さい小包だと輸送量もそんなに高くないらしい

初めてのオンラインチュートリアル

セントアンドリュース大学では先週から冬休み明けの授業が始まりました。

最初の週はおそらく多くのモジュール(日本語にすると単元?というのが良い表現でしょうか?)では講義のみで、二週目である今週から実習や少人数のチュートリアルなどが始まっていると思います。

今年はぼくも久々にTAとして二年生のチュートリアル(演習)を一つ受け持つことになりました。以前も時々助っ人として飛び入りでやっていましたが、一学期丸々持つのは初めてです。今日が早速その初日だったので、そのことについて書いてみます。

続きを読む “初めてのオンラインチュートリアル”

Burns Night

スコットランドの詩人、ロバート・バーンズの生誕を記念して、スコットランドでは1月25日にBurns Nightのお祝いをします。

ロバート・バーンズナイトといえばスコットランドの民謡、Auld Lang Syne (日本では蛍の光として知られる)などを作詞した人物です。

Burns Night に行うお祝いの夕食会を Burns supper と呼ぶようです。

正式なサパーではバグパイプ奏者によるお出迎えがあり、スピーチがあり、ポエムを朗読したりと色々あるようです。

実際の食べ物の部分でのメインとしては Haggis Neeps and Tatties を食べます。当然ながらお酒はスコッチ・ウイスキーです。
Haggis(ハギスはスコットランドの伝統料理の一つで羊の内臓のミンチ、牛脂や玉ねぎ、ハーブなどを胃袋に入れて茹でた料理。Neepsはスコットランドの方言ではカブを指し、tattiesはジャガイモです。Haggis, neeps, and tatties の野菜はそれぞれ煮て、潰します。Neepの部分をカブとにんじんを合わせて潰したものにすることも。

そんなこんなで、今年は一人で Haggis, neeps, and tatties を作り、Glenmorangie を飲み、バーンズナイトをお祝いしました。

今年初の写真印刷

みなさんこんにちは、そろそろ2021年を書き・打ち間違えなくなってきた頃でしょうか?

僕は先週、写真の印刷を写真屋さんに頼んでたのが今週届きました。

年末、サブでついてくれている指導教官と話した時、『せっかく色々撮ってるなら印刷したらいい』という話になったのがきっかけでした。

続きを読む “今年初の写真印刷”

2021年初雪

Snowy St Andrews Panorama

新年最初の週が終わりました。

今年2021年の最初の週は4日から早速研究を再開しました。初日は各所にメールを送るなどの事務処理、残りは実装周りのことを色々調べたり、考えたりするような日々でした。

スコットランドの多くの地域がレベル4 COVID-19規制からロックダウンへ移行しました。おかげで研究助手の仕事はあまり大きな進捗は望めなくなり、いったん夏まで延期するかもしれないという話になりました。

今年最初の週は初雪が降った週でもありました。いつも通り二日三日で溶けちゃいましたが、久々に5-10cm 積もったセントアンドリュースを見ることができました。雪国生まれ、(豪雪違いではないけども)雪国育ちの僕としてはちょっと雪が積もるのは楽しいです。

Sunrise in snow
Lightly snow dusted St Andrews