10年目のお祝い

こんにちは!今回は前回の予告通り写真の話です。

時折facebookで共有しているflickrアカウントですが、実は今年で初めての投稿から10周年であることに気づきまして。せっかくなので祝うこととしました。2015年は初めて一眼レフを触ってから10年でしたが、今年は写真を人に見せるようになって10年ということになります。

Flickrですが、この10年はそれなりに波乱のある10年だったようです。Yahooに身売りしたとおもったらSmugMugに今度は買収されてしまいました。Yahooに比べ、SmugMugは写真関連のウェブサービスを運営している会社なので、相性は良さそうです。むしろこの10年間flickrが生き残ったことのほうを祝う必要がありそうです笑

Flickrはアカウントを開いてから、さんざん撮った中で、自分の中で良いと思ったものをアップロードしてきました。だんだんポートフォリオっぽい使い方をするようになりましたが、この10年でどうやら389枚ほど(一部友人のみ公開)アップロードしていたらしく、自分でも驚いています。

初めてアップロードした写真がこちらです。

Trumpet

だいぶ露出はアンダーですね。よく見たらマウスピースもなく、いろいろ言い出すとキリがないのですが、自分の好きなモノを撮るというスタンスは伝わってくると思います。背景にある譜面は初めてオーケストラと演奏する機会に恵まれたときのものです。

Drizzle

こちらはつい二年くらい前のモノです。比較するにはちょうどよいこれまた「好きな物」がテーマです。前と比べるとアスペクト比はもうちょっと工夫しているし、光の当て方もちょっとはマシな感じがします。ある意味「なにがあった」のかなんとなくわかる写真です。

数年前に10年と聞くと、とてつもなく長い時間に感じましたし、今も短いとは全く思いません。ただ、敢えていうならば、思ったよりもあっという間に過ぎてしまうもんだと若干実感しました。

つい二週間くらい前まで研究が若干滞ってた時期があったのですが、その間割り切って写真にも打ち込んでいたら写真がさらに楽しくなり、写真について理解を若干深められたと思います。同時に、ゆっくりですが研究も進み、この間無事つっかかっていたことを解決できました。そうして写真に打ち込んでいるときに普段あまりうまく撮れなかった風景写真に目覚め、お祝いついでに三脚とフィルターを買いました。せっかくきれいな海辺の街に住んでいるのだから、きれいに残そうと思った次第です。

そして、せっかくこれだけの写真を投稿してきたなら、その写真を使ってお祝いしましょう!ということで印刷をすることにしました。今の部屋に引っ越してきてからまだ壁になにも飾ってないので、(天井に無線LANアクセスポイントはぶらさげましたが)大きく印刷したものと、いくつか小さいものも額に入れて飾ろうかと思います。

せっかくなのでこの機会に印刷してほしい写真がありましたら是非一言お声がけください。印刷屋さんに頼んでまとめて印刷してもらおうと思いますので!

いつも写真を見てくれてるみなさん、どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください